STORY

FUGLEN OSLO

 

FUGLEN


FUGLENとは英語でTHE BIRDつまり鳥を意味します。
私たちのロゴに描かれた鳥はアジサシという渡り鳥です。
アジサシはオスロにも立ち寄る渡り鳥で、世界最長距離を飛ぶと言われています。
私たちフグレンもアジサシと同じように、世界の港町に立ち寄り、その土地の良いエネルギーを吸収して、さらに次の土地へと旅をする鳥のように生きて行きたいという思いが込められています。

 

OSLO


オスロはコーヒー先進国です。
しかしコーヒーを栽培しているわけではありません。
一人当たりの消費量は、世界で常に2位または3位を誇りますが、特に素晴らしいのはその品質です。
18世紀、ノルウェーはバカラオに使われるタラの塩漬けをブラジルに輸出し、その帰りの船にはブラジル産の品質の良いアラビカ種のコーヒーを積んで戻ってきました。そのためノルウェーは、品質の劣るロブスタ種のコーヒーの侵略から守られてきました。
このような興味深い歴史を経て、その後ノルウェーにもスペシャルティコーヒーの時代が訪れました。

2000年、世界初のWorld Barista Championshipにてノルウェー人のロバート・トーレセン(KAFFAオーナー)が優勝し、そして2004年、ティム・ウェンデルボーが世界一に輝きました。
アメリカではサードウェーブという文化が少しずつ花開き始めた当時、オスロでは急速にコーヒーの文化が発展していきました。
2011年、ニューヨークタイムズ紙のコラムニスト、オリバー・ストランド氏が、オスロのコーヒーを絶賛する記事を世界に発表してから、北欧の中でもノルウェーは特にその注目度を高め始めました。


1963年創業の初代「FUGLEN」は、当初「KAFFE FUGLEN」として小さなカフェをオスロではじめました。
その後、北欧のビンテージデザイン、カクテルバーのコンセプトが加わり、フグレンは時代とともに独自の進化を続け、オスロのコーヒースタンダードを高めてきました。

デイタイムはコーヒーがメインのカフェ、そして夜はカクテルバーにコンセプトが変わります。クラシックなカクテルをスカンジナビアのアプローチで演出した、バータイムのメニューにも力を入れています。
エスプレッソバーとカクテルバー。
そして店内の装飾には100%ノルウェーのヴィンテージデザイン。
他の北欧諸国に隠れてしまっていたノルウェーデザインの歴史を世界に紹介することもフグレンのコンセプトの一つです。

 

FUGLEN TOKYO

 

TOKYO


そして2012年、渡り鳥は東京に降り立ち、海外進出第一号店を渋谷にオープンしました。
続いて2018年9月、日本国内第二号店となるFUGLEN ASAKUSAを、東京屈指の観光名所でもある浅草寺のすぐ近くにオープンしました。

浅草は日本の伝統的な文化が息づき、1950年代、60年代の建物がいまだに残されている一方で、近年新旧が融合した新たな発信拠点としてもめざましい発展を遂げています。
FUGLEN OSLO, FUGLEN TOKYOと同様に「ずっと前からそこにあったような」どこか懐かしい雰囲気をお客さまに感じていただけるよう、FUGLEN OSLOオリジナルのテイストを浅草でも表現しています。


FUGLEN COFFEE ROASTERSはオスロで確立された浅煎りの焙煎方法(ノルディックロースト)を研究し続け、果実のような風味や花のような香り、透明感のある甘い後味など、コーヒーが持つ本来の素晴らしい個性を感じられるコーヒーを作り出し、日本の皆様にお届けいたします。