ABOUT AA GATOMBOYA, KENYA

AA GATOMBOYA

AA GATOMBOYA ガトンボヤ 

 
去年に引き続き、ニエリから待望のガトンボヤをお届けします。ガトンボヤファクトリー(ウォッシングステーション)はニエリにあるバリチュ・ファーマーズ・コーポレーティヴソサエティ(FCS) に属しています。ニエリはケニヤの中でも複雑な風味と、しっかりとしたフレーヴァーが詰まった力強いコーヒーで有名なエリアです。GATOMBOYAとはKikuyuの言葉で湿地を意味します。私たちが毎年購入しているホンジュラスのEl Pantanalも湿地を意味しており、何か面白い繋がりを感じます。

ガトンボヤのコーヒーは、周辺の約600のスモールフォルダー(小規模農家)からコーヒーチェリーが届けられます。それぞれの農家は平均0.4ヘクタールほどの土地でコーヒーを栽培しており、全体のコーヒーチェリーの栽培量は年間350トンほどになります。コーヒーチェリーは主にそれぞれ100本ほどのコーヒーの樹を有する小規模農家によって栽培され、生産者は栽培したコーヒーチェリーを所属するWashing stationに運びます。ケニア全体における小規模農家は約700,000世帯あり、ケニヤ全体の55%のコーヒーを生産しています。

この土地の年間の降水量は約1400mm。気温は14度から25度。ケニヤ山の周辺の土はニティソイルという火山性の栄養が豊富な土で、火山性の岩から発展したそれらの土は、他の熱帯地方の土よりもコーヒーの栽培に適していると言われています。
コーヒーの花は2月から3月に咲きます。そして10月から12月に収穫はピークを迎え、1月から4月の間に主な取引がされます。

ケニヤでは主に完全ウォッシュドのコーヒーが生産され、世界屈指の品質を誇ります。そして私たちの購入する最高品質のコーヒーは完全ウォッシュドに加え、乾燥工程に入る前に一度綺麗なみずにつけ込まれ(Soaked)るケニアならではの工程が加えられています。発酵工程などの精製に使われる水は、ガトンボヤ川から引かれた新鮮な水を使用しています。

ドライミルではパーチメントの除去とさらに厳重なソーティング、そしてパッケージングが行われます。ケニヤのドライミルは効率的でレベルはとても高く評価されています。ミルではオークションのために全てのコーヒーを種類分けしているので、グレード分けされたそれぞれの商品をカップすることができます。

ケニヤのコーヒーマーケットのシステムで特に良い点は、全てのコーヒーがしっかりとグレード分けされていることです。また、誰かを通して直接取引する場合は、生産者はオークション価格よりも高い値段で売ることができます。システムは透明性が高く、コーヒーの売り上げから引かれるマーケティング費や精製にかかった費用などのコストが確認できます。真剣に取り組む協同体は、より多くのコーヒーチェリーの獲得を競い合い、より多くの報酬を生産者に支払うために努力をしています。その中には最大90%の報酬を農家に支払う共同体も出てきています。

 

Flavor Profile : 
ローズヒップのような風味。
りんごやチェリーのような果実味。

Rose hip, Red Apple, Cherry.

Region: Nyeri
Country: Kenya
Altitude: 1,800 masl
Picked: 2017- 2018
Cooperative: Barichu Farmers Cooperative Society (FCS)
Farmers : 600 smallholders
Washing Station : Gatomboya Factory
Varietals: SL28 &34
Production process: Fully washed

収穫されたコーヒーチェリーは精製に入る前に、未熟豆や熟しすぎた豆を人の手によって取り除かれます。チェリーはAグレードディスクパルパーを使用し、果肉を取り除きます。同時に密度によって3つのグレードに分けられます。グレード1と2は分類され、別々に発酵工程(ミューシレージ除去)に向かいます。果肉を除去したコーヒーチェリーはパーチメントと呼ばれます。パーチメントは16から24時間かけて、日陰で発酵工程にかかります。その後パーチメントはウォッシングチャネルの中で再度、密度によりグレード分けされながら綺麗に洗われます。その後パーチメントはGatomboya川から引かれた綺麗な水に、16から18時間浸けられます。(ソーキング)ソーキング後、ヘシアンメッシュのマットの上で約1日間乾燥させます。次の日、アフリカンベッドと呼ばれる伝統的な乾燥台の上に移されます。アフリカンベッドは通常ジュート布またはワイヤーメッシュでできたネットが張られています。乾燥される期間は、天候により、12日から20日間行われます。

Drying: 最大21日間アフリカンベッドで天日乾燥されます。昼と夜の間、コーヒー豆はプラスチックのシートで覆われます。

Soil: 主にニティソル。ニティソルは高地や火山斜面地に分布しています。火山岩から生成され、他の熱帯土壌より科学的、及び物理的性質に優れています。


購入画面はこちらから