NELSON RAMIREZ / HONDURAS

NELSON RAMIREZ / HONDURAS

2月 10, 2022

ネルソン ラミレズ / ホンジュラス

 

Flavor Profile : 
ブラックベリー、スイカ、ドライマンゴー
Black Berry, Watermelon, Dried Mango,

 

農園 / FarmFinca Chely
生産者 / FarmerNelson Ramirez
地域 / RegionEl Cielito, Santa Barbara
生産国 / Country: Honduras
品種 / Variety:  Pacas 
精製方法 / Process: Washed
標高 / Altitude: 1600 masl
収穫時期 / Picked: 2021

 

 

ネルソン・ラミレズは農業にできる限り科学的な取り組みを行うプロデューサーです。
健康的な土壌づくり、周辺環境を壊さない排水処理方法、クオリティを落とさない収穫量増加の取り組みについて意欲的です。

常に未来を見据えた、サスティナブルなコーヒー農園を目指し、様々な実験や新しい試みに資金と時間を投資しています。

 

 

ネルソンのシェリー農園はヨホア湖という大きい湖に面した、サンタバーバラの山脈沿いに位置しています。これらの山腹部分に栽培されているコーヒーのほとんどはパカスという品種で、ブルボン、イエローカトゥアイやパカマラと同種の品種です。

サンタバーバラの最高度地域は標高1800メートル以上もあり、農園は稀に気温が4、5度とかなり寒くなることがあります。また、ヨホア湖があることにより、周辺にマイクロクライメイトを作り出し、複雑な風味をコーヒーにもたらします。
しかし雨も多く降るため、コーヒーチェリーの栽培、そして特に乾燥工程には注意が必要になります。
低温多湿の気候はコーヒーの生産に様々な影響をもたらしてしまうので、品質の劣化を防ぐためには安定した乾燥条件が必要です。

一方で、これらの工程を注意深くコントロールしていくことにより、厳しい環境下での乾燥等、一見難しい問題とされる要素も、この地域ならではの複雑な味わいのコーヒーを生み出す要素としてプラスに働いています。この独特の自然環境がもたらすコーヒーへの影響が、中米の中でも際立ったフルーティさと力強さを持ち、さらに透明感のある綺麗な後味を表現するコーヒーを生み出しています。

サンタバーバラについてはこちらの関連記事もご覧ください。
オリジントリップ-ホンジュラス2019 後編

購入画面はこちら