LA ESPERANZA / COLOMBIA

LA ESPERANZA / COLOMBIA

10月 13, 2020

ラ エスペランザ / コロンビア

 

Flavor Profile : 
ベリー、りんご、葡萄のような果実味。チョコレートのよう甘さ。
Berries, Red apple, Grape, Chocolate.


Producer: 
Aristides & Cielo Guarnizo
Farm: La Esperanza
Region: El Libano, Tarqui, Central Huila 
Country: Colombia
VarietyCastillo, Colombia
Process : Fully Washed 
Altitude: 1800 masl
Harvest : Novmenber 2019

 

 

  

コロンビアの南部、ウィラはコロンビアコーヒーの中でも特に果実味の凝縮された味わいのコーヒーが特徴のエリアです。

ウィラの主要都市ネイヴァから車で南へ4時間、タルキという小さい村があります。

ここでは毎年メインハーベストが終わった9月から10月の間に、タルキカップという品評会が行われます。

私たちは2018年からこのタルキカップの審査員として参加しています。

タルキカップには毎年、周辺の約30から50の生産者がコーヒーを出品し、決勝では最終的にトップ10が選ばれ、入賞すると一般取引価格よりも高いボーナス価格での購入を約束されます。

また、入賞すると知名度も上がるため、生産者はこの品評会で良い成績を残すために、日々のコーヒー栽培に尽力しています。

のような品評会が、この小さな村に活力を与え、人々がより良いコーヒーを作るという高い目標を持っているため、タルキはウィラの中でも、特に高品質なコーヒーが作られるわけです。

 

今回、発表したLa Esperanza はAristidesとCielo Guarnizo夫妻が共同で栽培し、去年のタルキカップに出品したコーヒーです。

決勝のトップ10には入ることはできませんでしたが、私自身はこのコーヒーを、他のトップ10のコーヒーと同様に高い評価をつけましたので、トップ10に与えられるプレミアム価格と同じ価格をAristidesとCielo夫妻に支払う事で、購入に至りました。

そのため、販売価格は通常のAristides Guarnizoとして販売した価格よりも高くなっております。

 

アリスティデスとシエロ・グアルニゾ夫妻のコーヒー農園であるLa Esperanza(ラ・エスペランザ)は、セントラルウィラ(Central Huila)、タルキ(Tarqui) エリアに属するエル・リバノ(El Libano)の集落に位置します。

タルキはアンデス山脈の一部に属するコーヒーの生産地域で、一番高いところでは標高2000メートルにもなり、マイクロクライメイトが作り出す様々な気候に恵まれたエリアです。

彼らの親戚や兄弟もこのエリアで農業を営んでいます。

El Libano 周辺の農家は互いに協力し、支え合いながら、よりよい品質のコーヒー作りに取り組んでいます。

Aristidesのコーヒーを2018年の出会いから引き続き購入しています。

彼のコーヒーに対して、家族に対しての熱意とそれに約束されたコーヒーの品質は間違いないものを感じます。

これからも通年の生産者パートナーとして、取引していきたいと思っています。

 

タルキでの収穫

タルキの北部でのメインハーベストは6月から8月、ミタカと呼ばれるミッドハーベストは11月、12月になります。

しかし南部のエリアでは収穫時期が逆になるため、タルキではほぼ一年中コーヒーの収穫が行われています。

生産者のサイズは小さく、1から3ヘクタールのところが多く、グループを形成してオーガナイズすることが行われます。

 

購入画面はこちらから : Filter roast / Espresso roast