KUKU GAMAGO / UGANDA

KUKU GAMAGO / UGANDA

3月 05, 2020

クク ガマゴ / ウガンダ

 

Flavor Profile : 
Caramel, Red grapes, Pineapple, Smooth mouthfeel.
キャラメル、赤ぶどう、パイナップル、柔らかな口当たり。

 

Producer : 3768 group members
Factory name : 
Sironko coffee yard
Region : Mbale
Country : Uganda

Variety : SL 14 & 28 & 34
Process : Natural
Altitude : 1800 - 2300 masl  
Harvest :  2019


 

Kuku Gamagoは標高1800〜2300maslの、ケニアとの国境に近いウガンダ東部のムバレ(Mbale) 周辺の小規模農家から集まったコーヒーチェリーによって作られています。

品質の高さはもとより、生産者への賃金の支払いなどが明確にされており、トレーサビリティに対する信頼も高く評価されています。

 

シロンコ・コーヒーヤードは2018年に設立されたコーヒーチェリー集荷ポイントであり精製場です。

周辺の生産者が届けるコーヒーチェリーの集荷状況は専用のソフトウエアを通して詳細に記録されていき、また農園の情報や収穫時期までデータとして記録されます。これによりコーヒーが取引された後に発生する追加報酬の支払いもスムーズに行うことができます。

 

 

【生産者と品種】

ケニアの有名品種、SL14, 28, 34のミックス。

ムバレエリア周辺の平均1ヘクタール未満の小規模農家で育てられています。一つの農家は1ヘクタール平均1500のコーヒーの樹を所有。コーヒーの樹一つから約100〜200gの生豆が作られます。

 

 

 

【選別】

届けられたコーヒーチェリーはすぐに水を使い、比重選別が行われます。良い豆は沈み、未熟豆や欠点豆は浮きます。浮いた豆は取り除かれます。その後人の手によってさらに良い豆だけを選別します。

 

 

 

【精製方法(ナチュラルプロセス)】

チェリーはドラム缶のような大きさのプラスチックのタンクに入れられ、湿気の少ない涼しい倉庫内で26から48時間寝かせて発酵を行います。底にあけられた穴から、果汁やミューシレージなどの余分な水分が抜けていきます。

 

 

【乾燥工程】

発酵工程が終わったチェリーはアフリカンベッドの上で乾燥させます。厚みは4から6センチの薄さを保つことにより、過剰な発酵を抑えます。

均一に乾燥させるため定期的に掻き回し、また日差しの強い日中や、湿度の高い夜間はカバーをかけて管理されます。このような入念な作業が透明感のある、高品質なコーヒーを作り出します。

乾燥工程は15日から20日間かけて行われます。


 

今回は初めての取引であり、まだウガンダには訪れたことはありませんが、この新しいコーヒープロデューサーには高い期待を寄せています。

質の高さももちろんですが、周辺のコミュニティーに良い貢献をしている生産者団体であり、生産者へのプレミアム(追加報酬)の制度もしっかりと整えています。

また標高が高く、ケニア国境のMount ElgonKapsokisioで有名)の反対側のエリアであるというユニークさや、さらにSLの品種であることはとても興味深いです。

低品質のロブスタ種発祥で有名なウガンダは質の高いコーヒーの生産地の一つとして、改めて注目すべきです。

今後はWashedプロセスのコーヒーも探していきたいと思います。 

 

 購入画面はこちらから