CHELBESA DANCHE / ETHIOPIA

CHELBESA DANCHE / ETHIOPIA

8月 07, 2020

チェルベッサ・ダンシェ / エチオピア

 

Flavor Profile : 
ピーチ、マスカット、ジャスミンティ
Peach, Muscat, Jasmine tea.

  

Washing station : Danche washing station
Producer : 313 members
Region : Chelbesa, Gedeb
Country : Ethiopia
Variety :  Wolisho, Kurume 
Process : Fully Washed
Altitude : 2000 - 2300 masl
Harvest : 2019 - 2020 

 

Chelbesa Danche(チェルベッサ・ダンシェ)washing stationはSite 1, Site2の2箇所のサイトからなる精製施設です。

Chelbesa Danche Washing stationがあるGedeb(ゲデブ)はYirgacheffe(イルガチェフェ)を含むGedeo(ゲデオ)エリアの一番南に位置します。

今回私たちが買い付けたロットは、高いところで海抜2300メートルもあるChelbesa site 2 で作られたものです。エチオピアのコーヒー生産地の中でもかなり高い標高になります。

 

コーヒーチェリーは、周辺のエリアに点在する313の小規模農家から届けられます。

標高の高さもあり、生産者の中には、徒歩で2時間かけてコーヒーを届けに来る方もいるそうですが、やはり透明感があり、果実味豊かなコーヒーはこのエリアならではの魅力があります。

周辺のコーヒー生産者は、恵まれた土壌に感謝を忘れずコーヒーを栽培する、高い農業の知識を持った人たちで構成されています。

さらにこのwashing station(精製所)はオーガニック認証を取得している点は、周辺環境にも特に配慮していることが評価できます。(日本国内では未登録) 

 

 

私たちは長い間、エチオピアから直接生豆を買い付ける努力をしてきましたが、今回初めてその計画が実現しました。

この素晴らしいコーヒーの買い付けは、生豆バイヤーのTropiqとともに行いました。

バイヤーのアレックスが早い時期に農園を訪れた時、人々はチェリーが樹の上で赤くなっていたにもかかわらず、収穫を始めずにいたそうです。

土地の人曰く、一番いい収穫の始まりを神様が教えてくれるのだそうです。

加えて、樹の上にあるチェリー全体が赤く熟し、甘くなってから収穫を始めるほうが良いとの考え方からも、慎重に収穫を行っていることがわかります。 

 

 

生産者情報

環境:セミフォレスト
平均規模:1〜2ヘクタール
土壌:肥沃な赤土
1ヘクタールあたりのコーヒーの樹:1800〜2400本
コーヒーの樹1本あたりの果実収穫量:3kg

 

精製方法:Washed

チェリーは人の手によって収穫され、収穫後選別されます。一般的なディスクパルパーによって、果肉は除去され、その後、水に浮かせてGrade 1, 2に選別されます。私たちはGrade 1の最高品質だけを買い付けています。

果肉を除去したパーチメントは、タンクの中で72時間水と一緒につけられ、発酵作用によってミューシレージを取り除きます。その後ウォシングチャネルで十分に洗浄されます。この工程は水を使って比重選別も同時に行われます。エチオピアをはじめ、アフリカでは伝統的な選別方法です。密度が高く、沈んだものが高いグレードとなります。その後、きれいな水に2時間浸けておきます。

浸け終わったら、アフリカンベッドに移動させ、2センチの厚さに均一に広げて、天日で約10日間乾燥させます。乾燥が終わったパーチメントは、別の場所に移され、2〜4時間かけて手作業で欠点豆を除去して完成です。

 

購入画面はこちらから

関連記事 : カップに注がれるずっと前のストーリー - 後編 -