CABALLERO / HONDURAS

CABALLERO / HONDURAS

5月 09, 2022

キャバレロ / ホンジュラス

 

Flavor Profile : 
オレンジピール、ミルクチョコレート、リンゴ、アーモンド。
Orange peel,Milk Chocolate, Apple, Almond. 

 

生産者 / Producer : Marysabel Caballero & Moises Herrera
農園 / Farm : Caballero
産地 / Region : Chinacla, La Paz, Marcala
生産国 / Country : HONDURAS
品種 / Variety : Catuai
精製方法 / Process : Washed
標高 / Altitude : 1600masl
収穫時期 / Harvest : 2021

 

このコーヒーは、ミルクチョコレートをつけたオレンジピールのお菓子のような甘さと柑橘の風味があり、ほのかにリンゴのような軽やかな酸味を楽しんでいただけると思います。 

 

 近年の設備投資以降、ウェットミル(精製施設)でのプロセスが改善されています。

これまでは発酵工程後に、エチオピアなどでよく見られるウォッシングチャネルでパーチメントを洗いながら、さらに重さにより豆を選別していましたが、現在はマシンを使用し洗浄しています。(詳しくはオリジントリップへ) 

Caballeroの生産者であるマリザベルと夫モイセスは、マリザベルの父ファビオとともに、約200ヘクタールの土地でコーヒーを栽培しています。マリザベルは生産者として4世代目に当たり、マリザベルの父ファビオは、ホンジュラスにおけるコーヒー栽培の品質向上をリードしてきたパイオニアの一人です。
キャバレロファミリーはコーヒー栽培からウェットミルでの精製・ドライイング、ドライミルでのパッキング・輸出までの工程全てを一貫して管理していて、彼らのコーヒーには常に高い品質が保証されています。

 

 

 

彼らはまた、農園の環境に配慮し、継続的に健康的な農園の維持に積極的に取り組んでおり、特に農園の土壌の健康状態に着目し、コーヒーが育つ環境を整えています。
肥料は牛や鳥の糞と、コーヒーの果肉(Pulp)を混ぜて作った、オーガニックの堆肥を主に使用し、加えてミネラル成分の堆肥も使用します。

収穫時期に雇われるピッカーは、収穫時に二つのバッグを使用します。
一つは完熟したコーヒーチェリーのため、もう一つは未熟な豆やダメージのある豆を同時に取り除くためです。
完熟したコーヒー豆だけを選んで摘み取るなどの技術を求めるため、ピッカーには平均的な賃金よりも高い報酬が支払われます。

このような努力によって、数々の賞を受賞し、2016年と2018年にコーヒー品評会最高峰のカップオブエクセレンス・ホンジュラスで一位に輝いています。

購入画面Coming Soon !

⇒生産者マリザベル&モイセスへのインタビュー記事はこちらから。